腎臓の痛み

腎臓は左右で一対の臓器です。
位置はおおよそ胃の後ろ辺りで、背中側についています。
そのために、腎臓結石や急性の腎盂炎のように腎臓に痛みを感じる病気は背中に痛みを感じる事が大半です。
特に、急性腎盂炎の場合は背中の1番下の肋骨あたりをたたくと激痛が走ることにより診断されることもあります。
この痛みのことを「殴打痛」と言います。

特殊なものとしては腎臓の血管が詰まったことによる痛みも考えられます。
また、これも特殊なのですが、腎のう胞や腫瘍によって痛むこともあり得ます。
原因の治療が必要なのはもちろんですがまず鎮痛剤を用いて軽減することが出来ます。

東洋医学である足つぼなどで内臓の働きなどを調べることが出来るのは多くの方がご存知だと思います。
では腎機能が低下すると骨の痛みが顕在化することがあるのをご存知でしょうか。
土踏まずの中央あたりのつぼを押さえることにより、腎機能の向上に効果があることが分かっています。
特にこの部分を押さえて痛みのあるときは腎機能の低下の可能性もあると言うことです。

腎臓結石の痛み

腎臓結石は多くの人の中でも特に痛いというイメージがあるのではないでしょうか。
腎臓以外の場所に出来るとそれぞれ石の出来る場所に合わせて呼び方も変わります。
例えば尿管結石と言うような具合です。
その中でも腎臓結石は非常に大きな痛みを伴う病気だと言えます。

結石の素となるのは尿の中のマグネシウムやカルシウム、尿酸などです。
これらが結晶化することにより石のように固くなってしまうのです。
痛みの原因は尿が通過するときに障害を与える疝痛と言う発作です。
この痛みは大の大人であっても悶絶するほどだと言います。

腎臓がんの痛み

がんの痛みはご存知の方もいらっしゃると思いますが非常に激しいものです。
特に腎臓がんの場合は腰から骨にひびくような痛みを感じる場合が多いようです。

これらの軽減には主に鎮痛剤、モルヒネなどで一定の効果を得る事が出来ます。
しかし骨の痛みに対しては十分では無いのでその場合にはステロイド系、非ステロイド系をその時に合わせて併用するのだそうです。
また、精神的な不安を同時に取り除くために精神安定剤などを併用する場合も多いようです。

腎臓がんの場合以前は早期発見が非常に難しい病気でした。
大きくなって血尿が出たり、痛みが出てから発見されて転移を起こしていることも多かったのです。
現在では人間ドックでの超音波検査の普及が目覚しく、転移する前の発見も容易になってきました。
病気になってから痛みを軽減したりすることも大切ですが、まず早い発見と治療が重要なのだと思います。


ページトップへ

コンテンツメニュー

Copyright © http://jin-zo.com/ All Rights Reserved.